経編(タテアミ)とは?

CLASSIFICATION OF FABRICS

生地の分類とその特徴を生かした用途とは

生地は織物と編物に分類されます。また編物は緯編(ヨコアミ)と経編(タテアミ)に分類されます。
当社は、こうした経編によって生まれる生地を様々な産業分野に提供しております。


生地の分類図
織物

織物について

経糸(たていと)と緯糸(よこいと)を交差して作る生地で、直線的に糸が走っているので伸びが少なくしっかりした生地です。 特徴)薄地、強度あり、伸縮性があまりない
使用例)スーツ、カッターシャツ、作業服、ジーンズ

編物について

編物は緯編(ヨコアミ)と経編(タテアミ)に分類されます。編物は織物とは違い、1本の糸から編目を作りながらループと呼ばれる輪をつなぎ合わせて作る生地で、一般的に織物に比べて伸縮性があり、柔らかい生地を得ることができます。 特徴)伸縮性、柔軟性がある

緯編(ヨコアミ)について

緯編(ヨコアミ)

ループがヨコ方向に進みながら編地を作っていき、1本の糸で編地を形成する事が出来ますが、ほどけやすく、伝線しやすい性質があります。しかし、経編(タテアミ)よりも伸縮性があります。 生地)ニット、ジャージ、天竺など
使用例)肌着、ウールセーター、トレーニングウェア、ストッキングなど

経編(タテアミ)について

経編(タテアミ)

ループをタテ方向に連続して編み上げていく生地です。筬は一枚でも編地をつくれますが実際には複数の筬を用いて、一本の針に対して同時に数本の糸をかけて編むので、編地が安定しています。 生地)トリコット、ダブルラッセルなど
使用例)ランジェリー、自動車用椅子張り、カーテン、シューズなど


SEE THE MOVIE ABOUT TATEAMI

ダブルラッセルのイメージをスローで分かりやすく動画でご覧いただけます


PAGE TOP